一次試験で"敗者の扉"をくぐったテイトとハクレンだが、試験に合格したことを告げられる。この試験に勝者は存在せず、パートナーに手を差し伸べられるかどうかが重要だったのだ。二次試験までの間、テイトは元大司教の老人が「心が落ち着かない時は水辺に行くといい」と話していたのが気になり、噴水へと向かう。そこでラゼットは、テイトを知られざる空間へと誘う。一方、フラウたちは何者かの影が近づいて来ていることを感じていた…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001