森に囲まれた、町はずれの隈川病院。ナースの尾神琉奈(夏帆)は、2週間前から研修医の隈川朝陽(大和田健介)や厳しい主任ナースの木藤純子(森脇英理子)とともに働いていた。消灯後のある夜、琉奈の後輩ナース・鈴木彩香(川上ジュリア)は、暗い廊下で血だらけのセーラー服の女の子と出会うが、すぐに消えてしまうという体験をする。翌日、琉奈の親友で、映像制作会社に勤める坂井愛美(高田里穂)が琉奈を訪ねる。幼い頃から霊感が強かった琉奈は中学時代、通学途中で事故死した同級生の血まみれの霊を見たことがあった。そんな琉奈を気味悪がる同級生の中で、ただひとり友達でいてくれたのが愛美だった。病院ではその後も患者から「幽霊を見た」という話が聞こえてきた。そんなある夜、備品を取りに、琉奈は閉鎖されている旧病棟へと向かう。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001