テジュンの父親が倒れたという連絡を受けて、しぶるテジュンを強引に病院に連れて行くジェヒ。過去の記憶から抜け出せないテジュンは、父親に二度と病院には来ないと告げ、立ち去る。その後、テジュンは原因不明のスランプに陥り、大会を前にして記録が伸びなくなってしまう。ジェヒは父親との関係が原因だと察し、テジュンのために"思い出のデートコース"を用意して街へ連れ出す。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001