ジェヒが女だと知ったウンギョルは、真剣に告白したのに正体を明かさなかったジェヒに怒りと悔しさがこみ上げる。一方、ジェヒは自分を避け続けるウンギョルを見て、これ以上テジュンを騙したくないと決心し、自分が女だとテジュンに告げる。晴れて女子となったジェヒはテジュンとデートを楽しむが、翌日、今度はウンギョルからデートを申し込まれる。ジェヒはウンギョルの真剣な想いに応える為、誘いを受ける。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001