メジャーデビューを控えているサバカンだが、ディレクターの和田(古田 新太)からは現実の厳しさを思い知らされる。真希は、美大を休学してニューヨークに旅立つ。一方、結婚が決まった涼子と敬太郎に店長が告げた決意とは・・・・。そして結婚式の当日、真希から届いた手紙には、思いがけない人物のことが書かれていた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001