交通事故で彼氏を失ったジェサベルは車イスの身となり、失意の中 父が暮らす旧家に戻る。ある日、ジェサベルは亡き母の部屋で大量のビデオテープを見つける。それは母が自分に向けて残してくれたビデオレターだった。懐かしい思い出を楽しむジェサベルだったが、ビデオの中で行われる母の占いが進むにつれ、身の回りに不可解な現象が起こり始める。そして、ビデオテープを捨てようとする父と口論となったジェサベルは衝撃の言葉を放たれる。「あれは、母さんなんかじゃない──。」 はたして、ビデオの女は何者なのか?その女が語りかけている"ジェサベル"とは誰なのか?車イスの少女に"ジェサベル"の恐怖が襲い掛かる!!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001