赤く変化した古都のブレスを見たクルスから、古都を一人前のコス∞プレイヤーにすることを託されたスカーレット。彼女は古都に、巫力を使ったテニスボール攻撃を始めとする容赦ない特訓を行う。それとは対照的にサリーたち他のコス∞プレイヤーは、敵があまりにも弱すぎるので、一人で十分とばかり、分散して暗黒の塔を浄化すべく各地に去っていく。残された形になったスカーレットは、過剰とも思える言動で古都を挑発するが、状況に変化は見られなかった。場面が一転、レミィが変身もせず、ただヤオの者から逃げ回っている。コスモブレスが故障したのか? だが、それは「一定時間変身しない」というルールでの「ゲーム」だったのだ。その制限時間が過ぎると、レミィはラビアンレイヤーに変身してあっけなく敵を消滅させた。一方、「ゴミ以下」とまで罵られた古都は、感情が高まり、その勢いでミコレイヤーに変身できたと思われたが…。古都が変身したのは、不完全な「中間形態」にすぎなかった。次なるステップとして、スカーレットは古都を実際にヤオの者と戦うしかない極限状態に追い込み、その覚醒を引き出そうとする。だが、そう簡単には狙い通りに進まない。古都は変身しても相変わらず「中間形態」のままだ。場面変わって、あざやかにヤオの者をトラップに追い込み、確実にダメージを与えているイコ=ディアンレイヤー。対照的に、ヤオの者の攻撃でボロボロ状態の古都。見かねたインとヨウが戦いに参戦、コンビネーション攻撃が成功する。しかし、彼女たちも古都と同じく、「中間形態」での変身しか出来なかったのだ。ヤオの者の攻撃で傷ついた二人を目の前にしても、相変わらず古都への挑発を続けるスカーレット。その冷たさに、遂に古都の感情が爆発! ミコレイヤーに完全変身するとヤオの者を撃破、気絶しつつも初勝利を収める。…それを温かく見守っていたのは、スカーレットだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001