美月は朝から興奮していた。今日は憧れだったあの人に逢える日。そして、ニューヨークから兄がフィアンセを連れて帰ってくるからだ。さらに、佐藤部長のお 見舞いに行くと、あの久留米が自分のことを認めてくれていたことを聞いて感激する。撮影所で待っていたスポンサーのm.o.e.から「colorsの新曲 を劇中に流すだけではなく、実際に歌うシーンを作って下さい」とお願いされても、アッサリと引き受ける美月。スタジオに入ると、色が銀色に変更された白き 女神の撮影中だった…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001