銀側家が宇宙人なのではないかと疑い始めた呂葉守(井之脇海)は銀側家にばれないよう、家の外で姉・絵子(谷村美月)に電話をかけるが、軽くあしらわれてしまうのだった・・・。
その頃、広大(嶋田久作)・謎美(原千晶)・万丈(馬場徹)はショッピングという名の"視察"に出かけていた。
銀側家が留守の間に、宇宙人である証拠を掴もうと呂葉守は家の中の捜索を始める。 そこへ、骨董品屋からもらった壺をもって銀側一家が帰ってきたので、呂葉守は慌てて押し入れに隠れる事に。
珍しい壺などの骨董品が高額で取引される事を知った銀側一家は、自分の家の中に何かあるのではないかと探し始める。
そこに、やってきたのは骨董屋に扮した謎の男・Mr.NISHIKINO(錦野旦)。広大にあげたはずの壺を、お礼の十万と引き換えに持って帰ってしまう。
一見いらないと思えるものの中にも、探せば価値のあるものがあるんだと気が付いた広大は・・・。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001