富士急行河口湖駅の駅務係として働く大月みーな(宮澤佐江)。大好きな地元のためにと、今日も明るく元気に働いている。ある日、みーなは改札の近くで電車を見ている少年・純(小杉彩人)に気がつく。純は、きれいで純粋な瞳で富士急行の車両を見つめていた。話しかけるみーなに、純は「神様は本当にいるの?」と訊く…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001