『1989年8月1日、奇跡の出産』
1989年8月1日に襲来した大型台風。その最中、崖崩れの起こったトンネルの中で必死に泥を掘り起こす女がいた・・・。
そしてその15年後、2004年のある日。不気味なトンネルの中、まるで自ら飛び込むように車の前に倒れこむ少年・翔太。全ての物証から、運転手に不手際はなく少年の不注意が事故の原因とされた。「そんなばかな!」。事故原因に疑問を抱く少年の父・森は、そのトンネルが地元でも有名な場所であることを知る。そのトンネルを通った子供たちが何人も死んでいるというのだ。そして更に調べていくうちに、それらの子供たちにはいくつかの共通点があることに気が付く。それは全てがまるで自ら事故に飛び込んだかのようであること、その子供たちが全員1989年8月1日生まれであること、そして、そのトンネルを通っていることだった・・・。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001