PC未配信

スマホ・タブレットで視聴してください

ワン氏占い事件

 
ワン一族の謀反と思われた事件は、単に地方の役人らが恭譲君(コンヤングン)とイ・ソンゲの星回りを占っただけだった。しかし彼らには厳しい尋問が行われ、占いを頼んだのが門下府参賛(ムナブチャムチャン)パク・ウィであると自白したため、パク・ウィが首謀者として捕まる。が、イ・ソンゲは彼が無実であると信じ、釈放させる。臺諫(テガン)や刑曹(ヒョンジョ)は、これを機に高麗の王族を皆殺しにするよう上書を提出。都堂(トダン)の官僚たちも、チョン・ドジョンを筆頭にワン氏の誅滅を決議する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001