PC未配信

スマホ・タブレットで視聴してください

イ・ソンゲ北へ

 
バンウォンの即位後、新たな人事と功臣録が発表される。左政丞(チャジョンスン)にはイ・ゴイが抜擢されるが、議政府(ウィジョンブ)の中心は右政丞(ウジョンスン)となったハ・リュンだった。ミン氏はバンウォンに長男の太子冊立について切り出すが、バンウォンがトクシルを嬪(ピン)にする件を優先しようとしたため、口論になる。一方、太上王(テサンワン)となったイ・ソンゲは、宮殿へ帰るようにとの周囲の説得を拒絶し、北へ旅立とうとする。そして引き止 めるため駆け寄った宮殿の使者に向かって…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001