PC未配信

スマホ・タブレットで視聴してください

咸興差使、科挙

 
イ・ソンゲが差使(チャサ)を殺した。朝廷に知れれば自分たちが怪しまれると考えたチョ・サイらは、これ以上差使を殺さないようイ・ソンゲを説得する。イ・スクポンがアン氏をバンウォンに仕えさせたのは、ミン氏一族の勢力拡大を防ぐためだった。一方のミン兄弟も、スクポンの牽制には太子冊立が急務と考える。朝廷では科挙が行われた。その頃、宮殿には咸興(ハムフン)からの使者が…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001