PC未配信

スマホ・タブレットで視聴してください

王権主義国家へ、無学大師が差使に

 
バンウォンはハ・リュンに、国の将来を見据えた制度改革を指示する。いよいよ王権主義国家作りに本格的に乗り出したのだ。ミン兄弟は臺諫(テガン)をせっついて太子冊立を再び上書させたが、バンウォンにはねつけられたため、イ・スクポンに協力を仰ぐことに。イ・ソンゲのもとを訪ねた無学(ムハク)。しばし旧交を温めたのち、差使(チャサ)の身分を明かして宮殿に戻るよう強く言い聞かせるが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001