女として、剣士として逸刀流最強の剣士、乙橘槇絵は二つの道の狭間で心を揺らしていた。だが統主、天津影久との逢瀬が彼女を修羅の道へと引きずり戻す。再び万次の前に現れた槇絵は、以前の彼女ではなかった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001