PC未配信

スマホ・タブレットで視聴してください

顧命をめぐって

 
にわかに騒がしくなった宮殿には王族、官僚、さらには学者らがそれぞれの思惑を秘めて見舞いに集まってくる。だが王を守る内官は門を硬く閉ざして彼らを中に入れようしない。その間にも王の容態は悪化し、ついには余談を許さない状態に陥ってしまう。門の外では集まった人々が謁見を求めて王を呼び続けるが、王は世子が来るのを待ち望みつつ、とうとう力尽きてしまう。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001