PC未配信

スマホ・タブレットで視聴してください

首陽の存在感

 
クォン・ラムは首陽の思惑を見抜いたハン・ミョンフェの眼力に舌を巻き、二人を引き合わせることにする。こうして朝鮮史に名を残す大参謀ハン・ミョンフェと首陽がついに手を組むことになる。首陽は王、端宗を訪ね、今回の事件について謝罪した上で、自分の正当性を主張する。恵嬪ヤン氏は首陽の態度に反発するが、宮殿ではむしろ首陽の存在感が大きくなっていく。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001