PC未配信

スマホ・タブレットで視聴してください

進む陰謀

 
勢力を拡大する安平は義政府の多くの官僚を取りまとめ、新たに建てた別宅、武渓精舎に招待する。だがその場所は朝鮮建国の際、当時の名僧無学大師が宮殿建立に最適だと太祖に進言した場所だった。安平は知らん振りをしていたが、これが後に災いを呼ぶ。一方、端宗に発疹が出たと聞いた恵嬪ヤン氏は毒を盛られたと決めつけ、水刺間の人間をすべて交代させる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001