PC未配信

スマホ・タブレットで視聴してください

首陽の帰国

 
わざと落馬してまで迎えを拒んだ安平に首陽は怒りつつも、自分をそれほど恐れているのかと失笑する。平壌で安平に相対した首陽は、手を携えて幼い王を守ろうと安平を促す。安平も首陽が先手を打たないならと首陽に協力することを約束する。水面下ではハン・ミョンフェが安平とキム・ジョンソの勢力を探っていた。そこに首陽の一行が人々の歓迎を受けながらついに帰国する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001