PC未配信

スマホ・タブレットで視聴してください

権力掌握

 
譲寧は国と民を守るため、譲位しろと端宗に迫る。それを知った首陽は動揺するが、ハン・ミョンフェら家臣たちはそのために首陽についたのだった。端宗は首陽を領議政に任命して自分の補佐をさせることにする。これにより首陽は宮殿の権力を一手に掌握した。その頃、議政府では安平を処罰すべきだとの声が上がっていた。だが端宗と首陽にはその決心がつけられない。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001