PC未配信

スマホ・タブレットで視聴してください

安平の死

 
安平を処刑せよとの声は日ごとに大きくなり、ついには譲寧が立ち上がり、端宗に安平処刑の王命を強要する。首陽は弟を殺すことに最後まで反対したが、ついに王命は下され、安平は毒薬を賜る。この後、反対派たちは徹底的に粛清された。さらに今回の事態の功臣録を作成する過程でも数々の問題が生じるが、ハン・ミョンフェはすべて予想していたかのように動じない。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001