PC未配信

スマホ・タブレットで視聴してください

辞職上書

 
首陽を排除しようと考える王妃は端宗を促して、恵嬪、淑嬪への朝夕の挨拶を敢行する。長引く首陽の謹慎で宮殿内には不安と不信感が高まっていた。王族や官僚たちの間にも新たな勢力争いが始まり、首陽は遠からず辞職するとの噂が公然と流されていた。その渦中で自分を信頼しない端宗に失望した首陽はついに辞職上書を書き上げ、都承旨シン・スクチュに託すのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001