PC未配信

スマホ・タブレットで視聴してください

席藁待罪(ソッコテジェ)

 
首陽は髪を解き、みずから宮殿に向かう。だが宮殿の門は恵嬪の腹心オム内官の差し金で閉ざされたままだった。首陽の登庁を聞き動揺する端宗に恵嬪は首陽を辞職させるよう強要。さらに錦城と永豊は端宗に首陽を殺せと詰め寄る。そこにやって来た譲寧大君は端宗に首陽を取るか恵嬪を取るかと詰問し、さらに端宗を追い詰める。その頃ハン・ミョンフェは不敵な笑みを浮かべ…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001