PC未配信

スマホ・タブレットで視聴してください

即位

 
即位式の準備が始まり、宮殿は祝賀の雰囲気に包まれる。端宗と王妃はそれぞれひっそりと無念を噛みしめていた。譲寧は端宗を廃位させるつもりで事を進めていたが、首陽は複雑な思いだった。その頃首陽の屋敷には官僚の夫人たちが続々とお祝いに駆けつけていたが、妻ユン氏は素直に喜べずにいた。一方、端宗は王位に就いた首陽に寧陽尉と恵嬪の命乞いをするのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001