PC未配信

スマホ・タブレットで視聴してください

恵嬪処刑

 
錦城と寧陽尉を赦免しようと考える世祖。ところがそこに恵嬪が錦城に送った密書が届けられ、宮殿は一瞬にして緊張状態に入る。世祖は恵嬪の処刑に躊躇するが、譲寧は厳罰を主張して譲らない。ついに世祖も恵嬪処刑の王命を下す。この件を暴いたホン・ユンソンは功労が認められ、佐翼功臣三等を授けられる。一方ソン・サンムンら学者たちもあわただしく動き始めていた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001