PC未配信

スマホ・タブレットで視聴してください

ハン・ミョンフェの改革

 
世子妃が第2王子を出産する。その頃城下では、魯山君を憐れに思った民衆が、世祖を呪う札を貼るという騒ぎが起きていた。譲寧は府院君と魯山君を殺すよう促すが、世祖は府院君を官奴にするに留める。錦城大君は着々と人を集め、事を起こす準備を進めていた。吏曹判書となったハン・ミョンフェは世祖の命を受け、新たな人事に着手していたが、元老たちの反発は強かった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001