PC未配信

スマホ・タブレットで視聴してください

権力の座

 
ハン・ミョンフェがついに領議政となり、家では盛大な祝いの宴が催される。そこに粋嬪ハン氏が訪れ、半ば強制的に者山君とミョンフェの娘の縁談を決めてしまう。世祖はハン氏の頼みでハン・ミョンフェを領議政にしたものの、すでに反撃の手を考えていた。王妃は世子を前に、ハン・ミョンフェを始めとする功臣たちを決して信じてはならないと諭すのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001