PC未配信

スマホ・タブレットで視聴してください

譲位の決意

 
世祖が譲位すると言い出すが、官僚たちの反対は強かった。ユ・ジャグァンは朝廷を一新させ、まだ28歳の亀城君を領議政にするべきだと進言する。ところが亀城君とともにイ・シエの乱を鎮圧したナム・イは自分が冷遇されているとユ・ジャグァンに不満をぶつけ、さらに世祖にまで直訴してしまう。世祖は再度人事を行い、世子のために朝廷の骨組みを堅固なものにしようとする。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001