PC未配信

スマホ・タブレットで視聴してください

世祖倒れる

 
世祖が倒れる。病の床で世祖は亀城君を領議政に任命し、政務を世子に任せると言い出す。それを知った粋嬪ハン氏は宮殿に赴くが、世祖は会おうとしない。世祖はそのまま孝寧大君の屋敷に居を移す。粋嬪ハン氏は世祖のいない宮殿で、なんとしても者山君を世孫とするという確約を取り付けようと画策していた。一方、一気に若返った朝廷に元老たちはうろたえるばかりだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001