PC未配信

スマホ・タブレットで視聴してください

粋嬪ハン氏とハン・ミョンフェの対立

 
ハン・ミョンフェがいつまでも自分を大妃にさせないため、粋嬪ハン氏は王妃を選び直すと言い出す。一方、母の願いを叶えたい成宗はなんとか大妃の座を与えようと功臣たちに働きかけていた。朝廷では粋嬪ハン氏を大妃とするか否かで激しい議論が繰り広げられるが決着はつかない。その頃、ユ・ジャグァンはハン・ミョンフェに命じられ、亀城君を陥れようとしていた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001