PC未配信

スマホ・タブレットで視聴してください

悲願の座へ

 
病の床に就いていた王妃ハン氏がこの世を去る。ハン・ミョンフェは辞職を願い出るが、事実上の摂政をしている仁粋王妃は許さない。その中で朝廷はついに仁粋王妃を大妃にすることを決定する。ようやく仁粋の願いがかなった瞬間だった。こうして時は流れ、成宗は19歳になっていた。だが仁粋大妃をけん制する朝廷の勢力はいまだに大王大妃に摂政を続けさせていた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001