PC未配信

スマホ・タブレットで視聴してください

親政を巡る対立

 
朝廷では成宗に親政を促す者と躊躇する者がいた。だがいまだに政治の中枢を握っているのはハン・ミョンフェら老臣たちだった。ハン・ミョンフェは仁粋大妃が政治に関わるのを恐れ、成宗の親政に反対していた。その成宗には王妃の死後、正室がいなかった。成宗は側室の一人、淑儀ユン氏を寵愛していたが、大王大妃、仁粋大妃とも彼女を王妃にすることには難色を示していた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001