PC未配信

スマホ・タブレットで視聴してください

日ごと増す王妃の力

 
王子を産んだことで王妃は日ごとに傲慢になっていった。重臣の夫人を呼んでは貢物を受け取り、それを内官や女官らの心を得るために下賜した。王妃のこうした行為には仁粋大妃だけでなく、成宗ですら手を焼いていた。朝廷では仁粋大妃と王妃を巡る派閥争いがさらに激しくなっていく。その中で仁粋大妃は王妃を押さえつけるために、育児に専念するようにと王妃に命じる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001