PC未配信

スマホ・タブレットで視聴してください

王妃追放

 
王妃をなだめようとしていた成宗だったが、顔を傷つけられたことで逆上し、大殿に戻ってしまう。それを知った仁粋大妃はすぐに重臣らを登庁させ、その夜のうちに王妃を宮殿から追い出すと宣言する。仁粋大妃の怒りは凄まじく、すべてをみずからが取り仕切り、ついに王妃は追放される。一夜明けると、仁粋大妃はすぐに新しい王妃を冊立すると言い出し、大王大妃をあきれさせる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001