PC未配信

スマホ・タブレットで視聴してください

罪人の子という烙印

 
燕山君には常軌を逸したとしか思えない奇行が目立つようになる。大王大妃から罪人の子と言われたことが彼の心を蝕んでいた。廃妃が復位すれば罪人の子という烙印も消えると考えた燕山君は大王大妃を追い詰めていくが、大王大妃は頑として聞き入れなかった。宮殿ではいつ燕山君から責めを受けるかと誰もが怖れていた。その頃イム・サホンはチャン・ノクスと廃妃の母を対面させ…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001