PC未配信

スマホ・タブレットで視聴してください

続く圧政

 
謝罪のことばなく逝った大王大妃に対し、燕山君は不快感をあらわにするのだった。葬儀の格を下げ、人々が悲しみの涙を流すことすら禁じてしまう。こうして朝鮮王朝4代に渡り、権勢を誇った仁粋の時代が終わった。だが葬儀のあとも燕山君は国政に戻ろうとせず、不平をもらす官僚らに口を慎むという意味の札、慎言牌を首に掛けさせ、官帽に忠誠の文字を刻ませる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001