深夜ラジオ番組『東京ラブコレクション』の人気パーソナリティー、勝又真吾。その日局の都合で急遽変更になったラジオ局のDJブースは、いわくつきのブースだった。そこは、開局当時、アナウンサーが怪死を遂げた場所なのだ。"許せない一言"をテーマにリスナーから恋愛相談の電話がかかり始め、真吾の生放送は、いつものようにスタートした。しかし。小学生の少女の悩みを聞いている真吾の耳に、いきなり怪しい女の声が聞こえてくる。薄気味悪い笑い。「嘘つき」と囁く声。混線なのか?それとも・・・。混乱するブース。しかし、番組を中断することはできない。その声をきっかけに真吾の過去が、裏切りが、傲慢さが生んだ猜疑心が生放送中の彼を襲い始める。まるで真吾を呪い殺そうとでもするかのように・・・。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001