シンにパシリとしてこき使われるギュウォン。互いに文句を言いつつも距離は縮まっていく。そんな中、ソクヒョンから記念公演のオーディションを受けてみないかと言われたギュウォンは悩んだ末、国楽科のユニット、風花として参加、見事合格する。音楽チームとして参加するよう呼ばれるも公演に関心がなかったシンは、想いを寄せる舞踏科の教授ユンスが指導スタッフで参加すると知り・・・。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001