ドンスからウンジェが好きなのかと聞かれたムヨル。ドキリとするが、ムヨルは素直に認めるのだった。そして、ムヨルはジョンヒにやり直さないと告げる。一方、ユニに襲われたドンアは強がっていたが、キム室長の前で涙を見せる。その頃、自分勝手なジョンヒに振り回されたスヨンは流産してしまい、それを聞いたソニは愛する人を看病するのも喜びだと言い出す。家に帰ったスヨンはゴミ箱に捨てたジョンヒの目がつぶれた写真をまた手に取るのだった…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001