スレジハンマの襲撃から1ヶ月あまりが経ち、切たちは三年生になった。ある日の放課後、かしこたちと共に切は祝の父が足繁く通っていたという店を訪れることになる。そのバーには盲目のピアニスト・軽子瞳と、彼女のピアノ調律師・小泉芳一がいた。瞳の演奏に聴き惚れる切たちだったが、突如祝は謎の恐怖を感じる…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001