パーティー会場に降り立った切たち。客たちからの好奇の眼差しを向けられ戸惑う二人の目に飛び込んできたのは、場内にある舞台で行われている演劇だった。黒髪、魔女、女王―。舞台に見入る中、二人はこの劇が祝の先祖の話だということに気づく。そんな二人のもとへホテルマンが近づき、告げる。「お二人には余興の手伝いをしてほしいとのことです」。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001