「仕方ないから、死ぬの? そんなの認めない」 「心の通っていない、結果だけを求める未来なんてごめんだ」 次なるセプテントリオンを倒すために、生贄となることを命じられたイオ。 自分自身の過去と価値を見つめ直し、彼女は自ら生贄となる道を選ぶ。 しかし、必要な犠牲など認めたくないヒビキは自らも戦場に赴く。 絶対に仲間を守るという強い思いが引き起こしたものとは…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001