ヨム事件を調べていくうち、ウヒョンはカン博士が犯人でスパイだと気づく。だが、正体がばれたことを察したカンは署内から一足早く姿を消してしまう。カンの逃亡の手助けをした内通者が警察内部にさらにいることを知るウヒョン。そして、カンが逃亡前に消去したデータから、シンの殺害動画には元データが存在していたことが判明する。一方、クォンはヨムが他殺で犯人はカンだと警察上部に主張し、再捜査とウヒョンの復職を願い出る。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001