ナム殺害事件の結審の日、証人として法廷に現れたウヒョン。その日、殺害現場にいたことを明かし、真犯人はヒョンミンだと証言したことで、公判は続行されることに。そしてウヒョンは殺人幇助の罪で逮捕される。その裏では、ウヒョンの正体を知ったサンウ、テギョンを含めたサイバー捜査隊のメンバーが事件の証拠探しに奔走していた。公判の日、生前ウヒョンがヒョンミンに故意に近づき、潜入捜査を行った報告書が提出される。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001