二世皇帝の胡亥(こがい)は政務もそこそこに妃選びに夢中になっていた。陳勝(ちんしょう)と呉広(ごこう)が大沢郷で反乱を起こしたのを知った趙高(ちょうこう)は、今後、胡亥に会うことができるのは自分だけで自分を通してすべてを臣下に伝えるように胡亥に提案する。反乱の拡大を恐れた臣下たちは何度も進言しようとするが、叔孫通(しゅくそんとう)が全ては単なる盗賊にすぎず大騒ぎすることはないと言い出し、胡亥はそれを信じ込む。 蕭何(しょうか)は県令に、劉邦(りゅうほう)は能力があるので、討伐するよりは手を組んで迎え入れたほうがよいと説得する。蕭何からの手紙を受け取り、山を下りかけた劉邦だったが話がうますぎることに疑問を抱く。蕭何の様子を見に行った夏侯嬰(かこうえい)は、県令の兵に襲われていた蕭何たちを危機一髪で救い出す。 陳勝と呉広の反乱を知った項梁(こうりょう)は、自分たちも反乱を起こす時が来たと、楚人の同士たちと決起を誓う。一方、郡守の殷通(いんとう)も乱世の世こそ自分が待ち望んでいた時代だと、反乱を起こす覚悟を決めていた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001