よい情報しか耳に入らない胡亥(こがい)は、秦が平和であると信じ込む。虚偽を伝えた叔孫通(しゅくそんとう)は胡亥に気に入られ昇進するが、実情を話す者は降格されるはめになる。宮殿を出ると皆の命を守るためにあえて嘘をついたと明かした叔孫通は、帰宅後、妻に崩壊寸前の秦から逃亡することを告げる。挙兵を考える項梁(こうりょう)、項羽(こうう)たち。郡守を味方に引き入れようと提案する項梁。逃げた蕭何(しょうか)は劉邦と合流し、県令が裏切り、自分と劉邦を消そうとしているから沛県には戻らぬよう伝える。劉邦の部下たちは山に戻るよう訴えるが、劉邦は沛県に帰ることを選択する。 郡の役所では殷通(いんとう)が部下を派遣し項梁を招いていた。項羽を外で待たせ一人やってきた項梁に殷通は造反の意思を告げ協力を求める。それを聞いた項梁は偽って項羽を呼びつけ、項羽に殷通の首を取らせた。2人は殷通が造反を企んでいたため殺したと人々に告げ、楚国復興に加わるよう鍾離昧(しょうりばつ)と季布(きふ)を説得した。 沛県では、劉邦が部下を率いて町を囲んでいた。県令は門を開かず、樊カイ(はんかい)たちの強攻は失敗に終わる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001