劉邦(りゅうほう)が兵を率いて沛県に戻ると、雍歯(ようし)が城壁に立っていた。しかし兵士の家族を人質にとられた劉邦は攻撃することもできず、来た道を引き返すしかなかった。 楚国では、項梁が「懐王(かいおう)」を立てて、自身は「武信君(ぶしんくん)」と称して楚軍を率いるとことした。朝廷ができた楚国では、連日、懐王の御前で国号や旗印などに関する協議が行われるばかりで、一刻も早く秦を討ちたい項羽は不満を募らせていた。勝手に楚王を名乗っていた景駒(けいく)を討つため出兵した項羽を懐王の側近・宋義(そうぎ)は非難するが、宋義と対立する項伯は項羽をかばった。 蕭何(しょうか)が雍歯を討つために兵を借りることを思いつき、陳勝(ちんしょう)に連絡が取られる。しかし陳勝は殺されており、代わりに景駒から兵を借りることになる。早速、兵と共に景駒のもとを目指した劉邦は、道中で張良(ちょうりょう)と出会い、同行することになる。しかし景駒はすでに項軍に殺されていた。劉邦は城を守る龍且(りゅうしょ)に対し、自分も景駒を討ちに来たのだと言って門を開けてもらう。項羽から兵を借りるために同志を装ったという劉邦に興味を持つ張良。劉邦に乞われた張良はしばし劉邦のもとに身を置くことにする。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001