劉邦(りゅうほう)は項羽(こうう)に会うと、裏切り者の雍歯(ようし)を倒すために兵を5000人貸してくれと頼む。一度は断った項羽だったが、「同じ楚人ではないか」という劉邦の言葉に要望を受け入れる。だが、戦が終わったら8000人返すようにと条件を出す。戦が終われば劉邦が項羽の配下になるということだが、劉邦はこれを受け入れる。しかし、項羽は最後に800人しか貸さないと人数を減らす、劉邦はそれでも受け入れた。だが、出発の日、項軍から5000人が応援に来る。雍歯はあまりの大軍に戦わずして負けてしまう。劉邦は雍歯を死罪ではなく追放とし、雍歯に従っていた沛県の民はおとがめなしとした。そして、沛県を後にして、項軍の陣営に向かった。 晨曦(しんぎ)は章邯(しょうかん)が戦に勝っても負けても無事には咸陽に帰れないと知り、侍医の張林(ちょうりん)に相談する。そして、趙高(ちょうこう)を倒すしかないとの結論に達し、そのために宦官の崇信(すうしん)を味方に引き込むことを決める。 劉邦と張良(ちょうりょう)は項軍の陣営に到着する。項梁(こうりょう)は張良を高く評価し、今後の交流を要請する。兵舎として馬小屋を与えられた劉邦陣営、紀信(きしん)は、周苛(しゅうか)にその不満をぶちまける。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001