胡亥(こがい)に頼まれて子嬰(しえい)を捜していた女官は、ついに子嬰を捜し出し、咸陽(かんよう)へ連れて帰る。 張良(ちょうりょう)と再会した劉邦(りゅうほう)は、韓の復興に協力し、韓の領土を奪い返す。謝礼の品を持って劉邦の陣営を訪れた韓王に劉邦は陽テキ(ようてき)の奪還を約束、その交換条件として張良を借り受ける。 劉軍で兵の統率を任された張良だったが、一向に関中へ向かおうとせず、南下して小さな町を攻め落としたり戦略の変更が多いことから軍内に軋轢が生じ始める。盧綰(ろわん)、周勃(しゅうぼつ)、樊カイ(はんかい)の3人はたまりかねて劉邦に訴えに行くが、その直後に張良が劉邦のもとを訪れ自ら指揮権を返上する。 一方、咸陽では崇信(すうしん)が趙高(ちょうこう)の屋敷の池を完成させた。約束どおり望みをかなえると言う趙高に対し、崇信は章邯と晨曦の婚礼の儀を執り行うよう願い出る。 ついに趙高暗殺に向けて事態が動き出す。章邯(しょうかん)に謀反の汚名を着せたくないと迷う晨曦(しんぎ)を崇信が説得、晨曦は協力すると約束する。また、司馬欣(しばきん)も章邯では謀反を起こせないと決死の覚悟で駆けつけ、咸陽郊外に援軍を待機させた。しかし、密かに弟を宮中に潜ませていた趙高は崇信の計画を把握し、手はずを整えて待ち構えていた。何も知らない崇信は仲間とともに最後の打ち合わせを行う。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001